LCCと大手航空会社の違いと快適な旅行【快旅】

- LCCと大手航空会社の比較・違い


LCCと大手航空会社の比較・違い

最近LCCが一般的に利用されるようになってきましたね。
LCCを利用することによって今まで高い料金を払って飛行機を利用していた人は、安く利用できるようになって節約できるようになったかもしれません。
一方ではLCCではなく大手航空会社を利用し続けているという人もいるでしょう。
ではどうしてLCCを利用する人と大手航空会社を利用する人が分かれるのでしょうか。
これはLCCと大手航空会社が目標としてるものが違うということが理由でしょう。
LCCはローコストキャリアという航空会社です。これは名前通り安く利用することができるということを目標にしています。
航空券を安く販売【http://tabiwalk.com/】するためには、経費を削減することが必要になります。
善意で安くしていては、会社を経営することはできません。
航空券を安く販売するためには様々なサービスを簡素化する必要があります。
座席数を確保するために座席スペースを削るという工夫もされています。
場合によっては不満に感じることもあるでしょう。それでも安いことには勝らないということもあり、利用者が多くなるのです。
大手航空会社が目指しているのは上質なサービスです。
快適なフライト時間を過ごしてもらうための工夫を行っています。
そのため航空券は今までどおりの料金です。しかし料金を払ってでも上質なサービスを受けたいという人も多いのが事実です。
このように住み分けが行われていることによって、それぞれが運営できているというのが現状でしょう。
最近ではLCCもサービスの質を上げてきていますが、それでもこの目標の違いは変わらないといえるでしょう。

LCCが行っている工夫

今までは飛行機は高額な移動方法だと思われていました。
しかしLCCが参入してきたこともあり、徐々に安価に移動できるものだという認識が広がってきたかもしれません。
大手航空会社よりかなり格安で航空券を販売しているLCCですが、どうして格安航空券を販売することができるのでしょうか。
そこでここではLCCが行っている工夫を紹介していきましょう。
LCCが格安航空券を販売するためにしている工夫は様々あります。
中でも座席数を多くして一度に多くの人を飛行機に載せるという工夫は、乗り心地にも影響するので気になる人が多いかもしれません。
LCCは中型機を多く利用していますが、大手航空会社が同じ機種を利用する場合よりも、多くの人を一度に航空機に乗せています。
つまり座席数が多いということです。
同じ空間内により多くの座席数を確保するためには、一つ一つの座席のスペースを小さくする必要があります。
そのため大手航空会社の座席よりも狭く感じるかもしれません。
座席の間隔はシートピッチといいますが、このシートピッチは快適なフライトのためには非常に重要になります。
長時間狭いシートでフライトするのはつらいものです。
そのためLCCを利用する際にはそういったことを覚悟しておく必要があるでしょう。
もちろん国内線であれば、長くても2時間程度のフライトになります。
その間席をたつこともできますし、そこまで狭いシートピッチが嫌になるということは少ないようです。

更新情報